安定株主(アンテイカブヌシ)

その企業の業績や株価といった目先の動きには関係なく、長期に渡って株式を保有するタイプの株主のことを指す言葉。その企業の経営者や従業員持株会、その企業との取引関係などによって株式を保有している金融機関(メインバンク)や取引先企業などが、安定株主となる。企業を実質的に支配できるとされる議決権の過半数を所有することによって、敵対的買収から逃れられるというメリットがあるため、経営の安定化を図るために、安定株主が必要とされている。ただし、1990年代後半以降は、いわゆる「持ち合い解消」によって、金融機関等の持株比率が低下してきた。英語名は「Stable stockholder」。

edit