安定操作(アンテイソウサ)

有価証券の相場を釘付けし、固定もしくは安定させる目的で、有価証券市場における一連の売買取引を行ったり、売買取引の委託や受託を行なうこと。安定操作は、人為的に有価証券市場における相場を形成するものであり、市場の需給のバランスが崩れて価格の下落を招く恐れがある。そのために、相場操縦行為として投資家を保護しなければならず、有価証券の募集または売出しによって大量の証券が一時に市場に放出される際に、一定の要件に従わなければ、証券取引法違反となる。英語名は「Stabilization operation」。

edit