王冠の宝石(オウカンノホウセキ)

「クラウンジュエル」とも呼ばれる。自社でもっとも魅力的な事業部門、資産もしくは子会社を第三者に譲渡したり、分社化することによって、自社の魅力を落とすこと。敵対的買収に対する防衛策の一つであり、買収者の買収意欲を大きく削ぐことが狙い。対象会社を「王冠」にたとえ、「王冠の宝石」を外すことで、「王冠」の価値を減少させることから、「王冠の宝石(クラウンジュエル)」と呼ぶ。ただし、敵対的防衛策であっても、このような財産譲渡をおこなうことを決定した取締役は、取締役としての善管注意義務や忠実義務違反に問われる可能性があるといわれている。英語名は「Crown jewel」。

edit