大型株、中型株、小型株(オオガタカブ、チュウガタカブ、コガタカブ)

「時価総額」や「流動性」を基準として、株式を大型・中型・小型に区分したもの。以前は、発行済株式数を会社の一単元の株式数で除して算出した単元数の大小で、大型株と中型株と小型株に区分し、東証規模別株価指数を算出していたが、このような区分が必ずしも市場の実態を反映していないということもあり、平成17年より、海外の主要株価指数を参考に、時価総額と流動性を基準に区分することになった。

edit