単位株制度(タンイカブセイド)

株式の額面金額が5万円になるようにまとめられた株数を「一単位」として売買する制度のこと。1982年10月の商法改正によって導入されたが、2001年10月の商法改正によって、単元株制度が導入されたことに伴い、単位株制度は廃止された。

edit