単元株制度(タンゲンカブセイド)

一定株数を「1単元」と定め、証券取引所における取引や、議決権を行使をすることができる制度のこと。1単元となる一定株数を発行企業が自由に設定することができる点が特徴となっている。100株を1単元とする企業の1単元あたりの株価が100万円のケースを例に挙げると、その企業が定款を変更して50株を1単元にすれば、投資家は半額の50万円で株式を購入することができる。2001年10月1日に施行された制度であり、これによって「単位株制度」は廃止された。

edit