単位型投資信託(タンイガタトウシシンタク)

「ユニット型投資信託」とも呼ばれ、満期があるタイプの投資信託のことを指す。購入できる期間は当初募集期間に限られており、信託期間は、投資信託ごとにあらかじめ決められている。単位型投資信託には、継続して同じ仕組みの投資信託が設定される「定時定型投資信託」と、投資家のニーズやマーケット環境に応じてタイムリーに設定される「スポット型投資信託」があるが、近年は、定時定型投資信託は設定されておらず、スポット型投資信託のみとなっている。反意語に「追加型投資信託」がある。英語では「Unit type investment trust」と呼ばれる。

edit