追加型投資信託(ツイカガタトウシシンタク)

「オープン型投資信託」とも呼ばれ、運用開始後も購入できる投資信託のことを指す。株式投資信託と公社債投資信託があり、ファンド決算時における分配金を目的とした資金運用ができるほか、日々のファンドの値動きを見ながら、タイミングを見計らって機動的に売買を行うことで売買差益を狙った資金運用が行えるという点が、投資家にとってメリットとなる。反意語に「単位型投資信託」がある。英語では「Open investment trust」と呼ばれる。

edit