売るべし売るべからず(ウルベシウルベカラズ)

「売るべきだといわれるときは、売らない方が良いのではないか」という意味の格言。売るべきだと考えられているときには、売りたくなるものだが、そのようなときは、皆がそのように動き、かなり売り込まれている(供給過剰で株価が暴落している可能性が高い)ため、売らないほうが賢明であるという教え。先人が、経験を元に残した格言の一つ。反意語は「買うべし買うべからず」。

edit