譲渡益課税(ジョウトエキカゼイ)

「キャピタルゲイン課税」とも呼ばれ、株式の売買など、有価証券の譲渡による所得に対する課税を指す。所得税、住民税が課税されることが原則となっており、有価証券の譲渡による所得は、一般的には「譲渡所得」となる。ただし、営利目的で継続的に譲渡される資産の所得に関しては、事業とみられる規模で行った取引は「事業所得」となり、事業に至らないような規模で行う継続的取引によるものは「雑所得」となる。英語では「Taxation on capital gain」と呼ばれる。

edit