インサイダー取引(インサイダートリヒキ)

投資判断に影響を及ぼすような未公開情報を知る会社関係者や、会社関係者から業務等に関する重要事実の伝達を受けた者が、その情報を利用して、そのような情報を知り得ない者と、その会社の発行する株式等の証券の取引を行なうこと。証券取引法第166条で、「会社関係者が上場会社等の業務等に関する重要事実を知った場合は、その重要事実が公表された後でなければ、当該上場会社等の特定有価証券等の売買その他の有償の譲渡または譲受をしてはならない」と定められており、インサイダー取引は違法行為として固く禁じられている。インサイダー取引を行なった場合は、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金となる。

edit