一般信用取引(イッパンシンヨウトリヒキ)

信用取引の一種であり、決済の期限や逆日歩の金額等を、投資家と証券会社の間で自由に決定することきができるものを指す。平成10年12月から新たに導入された取引方法。証券会社が一般信用取引の決済のために貸借取引をおこなうことはできないようになっている。一般信用取引を行なう際には、投資家は証券会社に委託保証金を支払わなければならない。そうすることで、株式を買付したい場合には証券会社から融資を受けることができるようになり、株式を売却したい場合には、証券会社から株券の貸付をうけることが可能になるという仕組みになっている。英語名は「Margin trading」。

edit