黄金分割比率(オウゴンブンカツヒリツ)

相場の戻り測定や、上値目標値を計算する場合に用いられる数値。黄金分割比率とは、本来は「0.618対0.382」の関係を指し、イタリアの数学者のフィボナッチが考案した。英語名は「Golden-ratio」。

edit