アービトラージ取引(アービトラージトリヒキ)

理論上において、リスクを払うことなく収益を確定させる取引のことを指す言葉。価格変動の面において同一の性格を持つ二つの商品のうち、割安な方を買い、割高な方を売ることによって、アービトラージ取引は成立する。マーケットの価格が理論価格に近づき、双方の乖離がなくなることで、割高、或いは割安な状態が解消された場合に、反対売買を行なうことによって収益化が成り立つ。「裁定取引」ともいう。英語名は「Arbitrage」。

edit