アキュムレーション

償還(額面)金額と比較して低い価額で債券を取得すると、償還時に額面と取得価額の差額分に相当する利益(償還差益)が発生するが、その利益を償還時に一度に計上せず、所有期間に応じて均等に分散して計上することを指す言葉。利益を計上すると同時に、債券の帳簿価額をその分だけ引き上げる、という仕組みになっている。反意語は「アモチゼーション」。

edit