アセットバック証券(アセットバックショウケン)

自動車ローンやリース・クレジットカードなど、各種債権や商業用不動産などの資産を裏付けとして発行される証券の総称。以前はアメリカでのみ使われている言葉だったが、日本においても、1998年9月に証券取引法上の有価証券として認められた。従来は、有価証券を発行する会社は、発行会社全体での信用力や収益力を裏付けに資金を調達しなければならなかったが、これにより、所有する不動産や債権など資産の信用力やキャッシュフローを裏付けに、債券やコマーシャルペーパー等を発行し、資金調達することが可能となった。その商品特性から、信用リスクの分散化や移転を通じた「企業金融の円滑化」への貢献が期待されている。「ABS(Asset Backed Securities)」「資産担保証券」ともいう。

edit