買入消却(カイイレショウキャク)

「買入償還」とも呼ばれる。債券の発行者が市場を通して、買い取りに応じる所有者から直接買い入れる方法を指す。市場価格で買い入れるため、時価がアンダーパーの時は発行者にとって有利に減債できるが、オーバーパーの時は不利になるのが特徴。英語名は「Retirement by purchase」。

edit