買取請求(カイトリセイキュウ)

会社が定款で単元未満株の株券を発行しないことを定めた場合に対して、株主に与えられた、株券がなくても売却をすることができる権利のことを指す。平成13年10月の商法改正によって、単位株制度は廃止され、単元株制度が導入された。これによって、会社は一定数の株式を「1単元」とすることを定款で定めることができるようになり、それまで単位株制度を採用していた会社については、単元未満株を発行しない旨の定款変更をしたとみなされた。

edit